発展途上国と先進国との生産性ギャップをなくす

発展途上国の農場において農場マネージメントは生産性と持続可能性向上のために最も重要です。

発展途上国において酪農業が改善される見込みは非常にあります。1頭当たりの平均乳量は世界的に高乳量な牛は40リットルですが、発展途上国では1~5リットル/日です。

多くの発展途上国では適切なトレーニングと教育次第で生産量を2倍にできる可能性があります。また、一生涯の生産量を改善することで持続可能な酪農をさらに改善することにつながるでしょう。

トルコの例

Firouz Nourmahammadi氏はデラバル本社 農場計画&設計のシニアプロジェクトマネージャーです。彼は世界中の酪農家が発展できるようサポートする仕事をしています。彼はバケット搾乳(2003年)からロボット搾乳(2016年)へ移行したトルコのような国々で経験を積みました。「私がトルコの農場をサポートし始めた時、平均乳量は3~4リットルでした。現在その農場は40リットル生産しています。」

Nourmahammadi氏の仕事の多くは”提案”です。最近、エチオピアに出張し、牛群の生産性を改善するために教授や博士課程の学生に手法を伝授しました。

「エチオピアは高地にあり気候も良く、賢い酪農家が多くいます。しかし、農場の衛生基準や管理を改善する知識が乏しいです。デラバルはエチオピアの教育者を教育し、近い将来エチオピアの酪農にプラスをもたらすことを願っています。」

「農場マネージメントの改善は酪農家を大いに手助けします。例えば、適切な方法で適切な給餌をすることは経験の浅い酪農家にとっては重要であり、サポートも必要です。克服すべき課題が多くありますが、エチオピアもトルコと同じ軌跡を辿ることでしょう。」とデラバル本社サステナビリティ(持続可能性)チーフ Jan Agri氏は同意します。

牛の遺伝的要素が許す限り一生涯の乳量を最大化できるなら、ミルク生産の持続可能性をより伸ばすことができます。それはミルク生産量1kg当たりの効果的な資源活用を意味します。また、空気や水への廃棄物放出などの環境負荷への軽減も図れます。発展途上国でベストプラクティスや最良のテクノロジーを使用できるなら、1頭当たりの乳量を2倍にできる可能性があります。

デラバルはベストな酪農技術について酪農家や教育機関を教育する様々なプロジェクトに関与していきます。

 

 

 

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.