地球温暖化と酪農

現在、最も研究・議論されている酪農の持続可能性を脅かす脅威とは何でしょうか?それは地球温暖化を引き起こす二酸化炭素排出です。

大多数の科学機関が地球の平均気温が上昇すると予測しています。主な理由として温室効果ガス排出の増加が挙げられます。地球が温められると、地球と数十億もの人間、家畜の生態系に大きな影響を及ぼします。この影響を地球温暖化と呼びます。

家畜によって生成された温室効果ガスはその他農林業からの排出を上回ります。(2013年FAOレポートより)家畜から生成された全温室効果ガスは全温室効果ガス排出の14.5%を占めると予測されます。酪農は全温室効果ガス排出の2.9%を占めると推測されます。

ミルク生産量1kg当たりの温室効果ガス排出量を削減するために酪農家にとって以下のような様々な選択肢があります。

  • 軽油、その他化石燃料由来の電気などを使用する農場機器はエネルギー効率を向上させます。その結果、二酸化炭素排出を削減できます。
  • 牛群の生産性を高め、たんぱく質の過剰摂取を避けるために量を測定することで亜塩化窒素が削減できます。
  • 糞尿をすばやく除去、糞尿にカバーをかける、糞尿の保管時間短縮化も効果があります。
  • メタン排出は主に反すうの影響です。一生涯の生産性向上とミルク生産量1kg当たりに生成されるメタンの量を削減することが重要です。

子牛や若い牛が健康的に早く成長できるよう可能な限りベストコンディションを維持することが求められます。若い牛から成牛に成長した後、給餌と搾乳は牛の健康と生産性をサポートするためにますます重要になります。

デラバルは生産性向上に役立つ製品やサービスを提供することで、酪農家をサポートします。デラバルは動物福祉やカウコンフォートに着目し、牛群管理の向上、給餌や糞尿処理の改善によって、より持続可能なミルク生産を実現できると信じています。

デラバルは温室効果ガス排出削減のための新しい方法やベストプラクティス、優れたテクノロジーを提供し続けます。自動化、データ収集センサー、管理ツールといった資源効率の高い製品とサービスをこれからも提供していくため、デラバルは努力し続けます。

 

 

 

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.