牛舎の歩行エリアにおける健康的な蹄

牛舎内でマットの上を歩く牛

脚の悪い牛は生産性の高い牛でしょうか?なり得るかもしれませんがどのくらいの期間でしょうか?

牛は出来るだけ自然に歩行しなければなりません。頭を真っ直ぐにし大きな歩幅で歩くことが望ましいです。放牧のような自然環境は現代の限られた酪農現場では必ずしも実現できません。しかし牛が横たわり、起立し、歩く時に出来る限り快適にすることは可能です。

しかしコンクリート製の床では難しいでしょう。コンクリートは一般的に湿気、汚れを含み、硬く、粗いので蹄に不必要なストレスをかけます。これが歩行困難(費用と時間を費やす健康問題)を引き起こす大きな要因です。滑り止め防止加工を施した効果的な床カバーに糞尿除去、フットバスや定期的なトリミングなどの蹄管理を組み合わせると、爪関連の問題を実質的になくすことができます。

歩行困難は牛を淘汰する主な理由の1つです。蹄ケアプログラムの一環としてゴム製カバーを施すことにより、この問題をあまり気にすることがなくなるでしょう。

歩行のためにより広く、柔らかで清潔なスペースを与えることで牛の健康と生産性を維持することができます。

カウコンフォート

Kukomforten har direkte innvirkning på hvor lenge kyrne dine er sunne og produktive.

...は牛がどのくらい長く健康でミルクを生産できるか直接影響を与えます。

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.