給餌エリアにおけるカウコンフォート

牛舎での給餌

高乳量の牛は1日におよそ12回新鮮な飼料を摂取する必要があります。牛は飼料を食べることを楽しみ、心地よくなりたいはずです。

飼料は牛が食べたい時に食べられるようにしておくべきです。飼槽や水槽を牛にとって快適なポジションにしておきましょう。すると飼料摂取量が増加するはずです。
 
牛と飼料の間に適切なスペースを設け、やや傾けた状態で飼料を設置するとより快適に食べることができます。また、飼槽や飼料スペースの幅、首の幅を正しくポジショニングすることも重要です。

フリースペースとフリーアクセスが鍵です

基本的に飼槽では牛1頭当たりのスペースを十分取ることです。もしここで妥協してしまうと飼槽で混み合ったり、給餌が遅くなってしまいます。そして食べる量が少なくなり、突然大量に食べたりすることにもなります。よって、牛の飼料摂取量が減少し、牛群の生産性に影響を及ぼします。

飼槽を清潔に衛生的に保つことも重要です。飼槽の表面が滑らかだと清潔になり、衛生的な給餌をしやすくなります。

給餌関連製品を検索

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.