3~6ヵ月

3~6ヵ月

良好な成長率を保てるよう給餌

 

この期間に、高品質な飼料に簡単にアクセスできると高い成長率につながります。この時期に低成長であると、将来の乳量が減少、分娩の遅れが生じます。

最大6ヵ月までの牛の給餌飼料はエネルギーとタンパク質が豊富なものにしましょう。栄養不足は発育不良と繁殖の遅れを招くため避けなければなりません。

以下のことに注意しましょう。

★推奨事項

・体重、身長、毎日の体重増加率をモニターする。

・1日当たり750g(500g)以上の成長率を保てるよう給餌する。

・離乳後はタンパク質とエネルギーが豊富でバランスの良いものを与える。

 - 給餌飼料のタンパク質とエネルギーを分析する。

 - 必要に応じてミネラルも給餌する。

・病気の子牛を迅速に特定、ケアするために呼吸器系スコアカードを使用する。

★回避事項

・離乳の2週間以上前に牛群の再編成、移動をしない。

・大規模牛群

・牛群の再編成

・低タンパク質

・低エネルギー

・サプリメントを与えないで放牧する。

 

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.