初日

初日

生まれたばかりの子牛のケア

健やかな子牛の誕生後、生まれたばかりの子牛は感染症、気候及び栄養面での潜在的な脅威にさらされます。子牛ために適切な環境管理を行うことは、将来的なミルク生産にプラスに働きます。

★推奨事項

・生まれたばかりの子牛は誕生後すぐにケアする。

 - 熱を奪われないように子牛を乾かす。

 - 乾燥した十分な量のワラを与えることで寒さから守る。

 - 認可ヨウ素にへそを浸す。

 - 子牛の体重を計る。

・誕生後2時間以内に少なくとも4リットル(BWの10%)の高品質な初乳を与える。

・隙間風が入らない環境にする。

・感染症伝染を防止するために衛生基準を作成し、順守する。

・難産後、子牛に特別な処置を施す。

 - その場で明晰なモニタリングをする。

 - 2時間おきに子牛の体温をチェックする。

・牛を個別のペンに移動する。(誕生後遅くとも24時間以内に牧場基準に従って行う。)

・初期の段階で問題を特定し、処置を施す。

★回避次項

・子牛を湿ったままにする。

・生まれたばかりの子牛をすぐにケアしない。

・品質の悪いまたは不十分な量の初乳を与える。

・弱い子牛を放置したままにする。

 

 

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.