最初の1週間

最初の1週間

乳牛としての子牛の将来を形成する

第1週目の目標は子牛を健康的に育て、自分自身でミルクを飲み始めるのを促すことです。他牛群と一緒に過ごさせる前に子牛を強く、健康にすることが重要です。この期間は、健康を脅かす数多くの脅威にさらされるため、厳格に衛生基準を順守し、子牛を近くでよく観察することが重要です。

★推奨事項

・牧場に合った子牛育成システムを選択する。

 - 換気をよく行う:常にきれいな空気のある環境

 - 牛床を清潔に保ち管理する

 - 安定した気温:子牛の感じる寒さ/暑さによるストレスを回避

・給餌の際に以下のことを注意する

 - 常にベストな衛生状態を保つために清掃と殺菌作業を行う

 - 少なくとも4日間、初乳また移行乳を与える

 - 子牛が自然な態勢で楽に吸えるようセッティングする

 - 最初の第1週から清潔な水、高品質なスターター飼料、干し草を与える

・感染症拡大防止のため、まず最初に最も若い子牛から給餌し、最も年を取った牛を最後に給餌する。

・毎日少なくとも2回子牛をチェックし、記録をつけ、問題があれば迅速に行動する。

・病気または弱っている子牛は、回復し、元気になるまで隔離して過ごさせる。

★回避事項

・牛や牛床を湿った状態にする。

・低温殺菌されていないミルクを与え、抗生物質を含有するミルクを廃棄する。

・不適当な態勢で子牛にミルクを飲ませる。

・ミルクの種類や代用乳の濃度を突然変える。

・若い子牛に合わない代用乳を使用する。

・年を取った牛の後に、若い子牛に給餌したり世話をしたりする。

・病気または弱っている子牛に気温によるストレス(熱い/寒い)にさらす。

 

 

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.