ねずみ駆除

効果的なねずみ駆除は、牛舎や施設へのダメージを減少させ、病気の伝染、飼料の汚染を防止するために重要です。ねずみ駆除製品がどのように使用され、機能するか学びましょう。

 

なぜねずみを駆除するのか?

理由は多数あります。現代酪農において、ねずみは駆除すべきものと考えられており、病気や汚染が拡大することが最大の理由です。ねずみは多くの細菌や病原菌を運び、動物や人間をかむことで病気を広げます。そして排泄物を介して汚染が拡大します。食料や水にも汚染が拡大し、家畜、人間、ペットにも同様に害を及ぼします。

リスクにさらされているのは家畜や人間だけではありません。ねずみは建物や配線、配管などの構造上にも被害を及ぼします。ねずみの前歯は伸び続け、栄養を摂るためにかじります。ねずみは全く栄養のないバルブ、セラミック製の壁、木、プラスティック、ワイヤーなどもよくかじります。

実際、ねずみ被害による牧場建屋で発生する火事の件数は、全体の25%を占めますだいたい漏電によるものが大多数です。

大事なことですが、近隣コミュニティーが病原菌となるねずみを抱えている牧場をどのようにみなすかという社会的側面もあり、駆除の重要性がうかがえます。

ねずみの行動を知る

通常の酪農オペレーションでねずみが生き残る好的要因はたくさんあります。想像してみて下さい:暖かい、雨宿りができる、食料が水が豊富など・・あらゆるものが牧場には揃っています。

しかし、ねずみの駆除は簡単ではりません。単純に問題解決できるものではありません。

はじめに、食性からごみをあさる習慣がうかがえます。ねずみは何をどのくらい食べたかということを非常に気をつけています。そのため、まず少し食べて待ちます。特に問題無ければ食べ続けます。食べた物にもし危険を感じたら、他のねずみが近づかないよう尿中に化学マーカーをしてその場で排泄します。このようにねずみから毒物が蔓延していきます。

また、どこにエサをセットするかという問題があります。ねずみは種類によりますが屋内を好んだり、屋内外両方好む場合もあります。

適切なアプローチ

どこにどのようにエサを仕掛けするかは現場の牧場施設によって異なります。デラバルでは牧場のオペレーションに合った製品を複数展開しています。

 

At DeLaval we use cookies to make your website experience better. You can change your web browser settings if you do not allow cookies or do not want cookies to be saved. Read more about how DeLaval handles cookies. I have read and accepted the information on how DeLaval handles cookies.